統計関連学会連合大会におけるチュートリアルセミナーのテーマの募集について

 

連合大会企画委員長:狩野裕

連合大会企画委員、チュートリアルセミナー責任担当:上坂浩之

 

2007年の統計関連学会連合大会は96日〜9日に、応用統計学会、日本計算機統計学会、日本計量生物学会、日本行動計量学会、日本統計学会の主催で神戸大学にて開催されます。今回も例年にならい、大会にあわせてチュートリアルセミナーを開講する予定です。セミナーの目的には、1)新しく発展しつつある話題に関する現在までの成果を紹介すること、2)特定の領域で発展した話題を多くの方々に紹介すること、3)すでに確立している話題であっても、これからその領域を学びたい方を対象とした講義、4)日常業務の中で学ぶ機会のない方を対象とした入門講座、などがあるでしょう。2006年までは、比較的話題を集めそうな1〜2テーマを取り上げてまいりました。しかし2007年度は、新しい試みとして、関連学会会員の方々の声を反映したテーマを取り上げることができるように、チュートリアルセミナーのテーマを連合大会の主催学会の会員より募集することとなりました。主催学会が5学会となりましたので、今まで以上に様々な領域のテーマを扱うことができるでしょう。聴講したいセミナーのテーマがありましたら、テーマ、希望する講師と所属、内容の概略、提案理由を添えて、チュートリアルセミナー責任担当の上坂浩之宛メールにてご応募ください。応募の期限は2007131日とさせていただきます。なお、テーマの選定は企画委員会に御一任いただきます。

 

応募締切:2007131()

応募内容:応募者氏名、テーマ、希望する講師と所属、内容の概略、提案理由

応募先:上坂浩之(日本イーライリリー) taikai_kikaku07@jfssa.jp

 

 

以上