科学技術シンポジウム
「システム構築による重要課題の解決に向けて」

科学技術シンポジウム 「システム構築による重要課題の解決に向けて」

大規模で複雑なシステムに囲まれて成り立つ現代は、まさに「システムの時代」であり、社会が期待する重要課題の解決は、システム構築によって達成されることが多くあります。昨年3月に東日本を襲った震災はこのことをさらに鮮明に示したと言えるでしょう。では、重要課題の解決という社会の期待に応えるには、どのようなシステム構築の進め方が必要なのでしょうか。また、システム構築を支えるシステム科学技術の推進方策として、何が必要なのでしょうか。

 独立行政法人科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)では、このよ うな問いかけのもと、システム科学技術の推進方策に関する戦略提言「システム構築による重要課題の解決に向けて」を平成22年度に取りまとめました。  

当該シンポジウムでは、この戦略提言の内容および今年度一年間の取組を紹介すると ともに、システム科学技術に対する期待を有識者に語っていただきます。さらに、パネルディスカッションを通じて、現代社会におけるシステム構築の意義とこれに必要 な方策の重要性についての認識を深めます。

 ご多用中恐縮ではございますが、ぜひご参加賜りますようご案内申しあげます。

【開催概要】
 ◆日 時 : 平成24年3月2日(金)13:00〜17:15 (12:30開場)
 ◇会 場 : スクワール麹町 (最寄駅:四ツ谷駅)
 ◆参加費 : 無料 (事前申込が必要です)
 ◇定 員 : 250名
 ◆主 催 : 独立行政法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター
 ◇後 援 : 社団法人 日本工学アカデミー
        特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合
■詳細および参加申込は下記ホームページをご覧ください。
    ⇒ http://crds.jst.go.jp/sympo/sys2012/


「応用統計学会トップ」