last modified on Apr 28, 2003
応用統計学会
統計学関連学会連合大会での講演募集のお知らせ
統計関連学会連合大会企画委員会

 標記大会が応用統計学会, 日本計量生物学会, 日本統計学会の3学会の共催で 2003年9月2日(火)〜9月5日(金)の4日間に渡り, 愛知県名古屋市の名城大学 (天白キャンパス)にて開催されます(9月2日はチュートリアルセミナーおよび 市民講演会).
 2003年度大会では, 「一般講演セッション」, 「コンペセッション」, 「企画セッション」の3種類のセッションを設けます. 通常の研究報告は 「一般講演セッション」にお申し込みください. 「コンペセッション」は 研究歴の浅い会員中心のセッションです(下記の案内をご覧の上お申し込み下さい). 「企画セッション」としては別掲 のようなセッションが企画されています. セッションによっては依頼講演のみ で構成するものも講演を公募するものもありますが, その構成は各オーガナイザー に一任してあり, 講演の可否はオーガナイザーの判断となりますのでご了承下さい. 企画セッションに関しては各オーガナイザーに直接ご照会ください.
 研究報告をご希望の方は
  1. ホームページからの申し込み
  2. 電子メールによる申し込み
  3. 郵送による申し込み
のいずれかでお申し込みください(可能な限り1もしくは2でお願いします). なお, 一つの研究報告について二つ以上の方法での申し込みはなさらない でください.

申込締切日:2003年6月20日(金) 24時

[注意]
一般講演での講演は, 報告者のうち1人は上記3学会のいずれかの会員で あることが必要です(コンペセッションでの講演は発表者自身が会員であるか 入会手続き中).
申し込み後の講演題目, 報告者などの変更は認められません.
プログラム編成に関しては, 連合大会企画委員会にご一任ください.
ホームページおよび電子メールでの申し込みには, 受け付けが完了した旨の 返信メールが自動的に届きます. 申し込み後しばらく経って返信メールが 届かない場合には, m_trouble@jss.gr.jp宛にご照会ください.
報告集の原稿は下記の報告集原稿執筆要領 に従って作成し, 締切日までに下記に郵送してください.

〒106-8569 東京都港区南麻布 4-6-7 統計数理研究所内
統計関連学会連合大会企画委員会

報告集原稿締切日:2003年7月18日(金) 必着

ご不明な点は連合大会企画委員会(m_quest@jss.gr.jp)までご照会ください.

 

○申し込み記載事項(各申し込み方法共通)

講演題目(40字以内, 数式使用は避ける)
報告者(共同報告の場合には報告者ごとにまとめて(a)から(c)を記入, 発表者に*印

(a) 氏名
(b) 所属(なるべく簡潔に略記. 大学の場合は「大学・学部」, 大学院生は 「大学・研究科・院」とする. 昨年のプログラムをご参照ください
(c) 所属学会(「応用統計」,「計量生物」,「統計」のうち所属するもの全部)

講演要旨(200字以内. プログラム編成の参考にします. 統計学会員は後日 学会誌掲載の報告要旨を兼ねますので, 「詳細は当日述べる」などと 記載しないで下さい.
キーワード(3つ以内)
発表機器(OHP, スライド, PC用液晶プロジェクタ, その他)
代表者連絡先(住所, 電子メール)
コンペセッションで発表を希望する場合はその旨明記

申込締切日:2003年6月20日(金) 24時

 

1. ホームページからの申し込み

  連合大会講演申し込みページにアクセスし, 指示に従って申し込み要項 を記入してください.

 

2. 電子メールによる申し込み

(1) 発表申し込みフォーマットの取得(以下のいずれかの方法)
(1-1) m_form@jss.gr.jp 宛に申込者のお名前のみを記入した 1行のメールを送付
(1-2) 連合大会講演申し込みページにあるフォーマットをコピー
(2) 記入要領に従い, フォーマットへ記入
(3) 申し込みファイルの送付
連合大会のアドレス m_sub@jss.gr.jp 宛にメール形式で送付 (添付ファイルは不可).

 

3. 郵送による申し込み

  適当な用紙に上記「申し込み記載事項」の内容をすべてお書きの上, 官製はがき(もしくは私製はがきに50円切手を貼付したもの)の表に 連絡先住所とお名前, 裏に講演題目を書いて同封し, 下記にご郵送ください. 受付番号を書き加えたはがきの返送をもって受付の証とします. なお, 封筒に「報告申し込み在中」と朱書きしてください.

〒106-8569 東京都港区南麻布 4-6-7 統計数理研究所内
統計関連学会連合大会企画委員会

 

「コンペセッション」

 2003年度大会では, 新しい試みとしてコンペセッションを行います. 研究活動を開始して日の浅い会員の, より質の高い研究発表の奨励が目的です. 研究発表のみならず, いかにうまく内容を伝えられたか, 質問に的確に答えられたかといった発表の仕方も含め評価します. 奮ってご応募下さい.

・発表資格: 発表時に博士号取得から2年以上経過したことになる会員はご遠慮ください. 申し込み時に, 連合大会を構成する3学会のいずれかの会員であるか, 入会手続きを開始している必要があります.
 
・応募方法: 一般講演と同じ要領で, コンペセッションへの申し込みである旨を明記して ご応募下さい. テーマは問いません. また, 上記発表資格を有している旨お 書き添えください.
 
・授賞: 2003年度統計関連学会連合大会最優秀発表賞1名(賞状と副賞3万円)
2003年度統計関連学会連合大会優秀発表賞2名(賞状と副賞1万円)
   授賞式は大会最終日に行います.
 
・審査: セッションへの出席者の3名連記無記名投票による. すべての発表に出席した連合大会参加登録者が投票資格を持つ, つまり審査員となります. 多くの方々が審査員としてセッションに参加 していただけることを希望します.
 
・備考:
  1. コンペセッションは, すべての参加者が発表を聞くことができるように プログラム編成する予定です.
  2. 応募件数にもよりますが, 質疑応答も入れ多めに時間設定をします.
  3. 各発表に対するコメントと総得票数は発表者にフィードバックし, 今後の参考にしていただきます.

 

「企画セッション」

 企画セッションの構成は各オーガナイザーに一任していますが, 講演者の 応募を受け付けるものもあります. 企画セッションのいずれかでの講演を 希望される方は, 別掲 の各セッションのオーガナイザーに事前にご連絡下さい. 各セッションのねらいなどのより詳細な情報が 連合大会講演申し込みページにあります. セッションによっては依頼講演のみで構成するものもありますし, 時間の制約もありますので, 講演の可否はオーガナイザーの判断と なりますことをあらかじめご了承ください.
 企画セッションでの報告者への各種ご連絡はオーガナイザーを介して行います.

 

報告集原稿執筆要領

用紙: 必ずA4の用紙にお書き下さい. 報告集はB5版に縮小コピーして印刷されます.
枚数: 一般講演およびコンペセッションでの講演は2枚以内. 企画セッションでの講演はオーガナイザーに一任
体裁: 1段組. 上35mm, 下30mm, 左右30mmずつの余白.
題目: 講演題目は大きめのフォントでセンタリング (講演申し込み時の題目からは)変更できません.
報告者: 講演題目の下に1行空けて報告者全員の氏名と所属を書く (報告者は記載順を含め申し込み時から変更はできません).
本文: 書式は原則自由. 所定の枚数に収まるようにフォントの大きさや行間を 調整してお書き下さい.
手書きの場合: 原稿用紙をお送りします. 下記の連合大会企画委員会宛ご連絡下さい.
原稿送付先: 下記宛必ず郵送でお送り下さい. メールの添付ファイルなどでの送付は認められません. なお, 封筒に「報告集原稿在中」と朱書きしてください.
〒106-8569 東京都港区南麻布 4-6-7 統計数理研究所内
統計関連学会連合大会企画委員会

報告集原稿締切日:2003年7月18日(金) 必着

備考:
  1. 上記締切日までに送付いただけない場合には, 報告集が空白ページとなりますのでご注意ください.
  2. 御不明な点は企画委員会(m_quest@jss.gr.jp)宛ご照会ください.

「応用統計学会トップ」へ