横幹連合ニュースレター 2005年12月号 発行のお知らせ


■□■横幹連合ニュースレター2005年12月号(No.4)■□■
http://www.trafst.jp/nl 編集:ニュースレター編集委員会

-------------------------------->> 目次と主な掲載内容 <<---------------------------------------

1●巻頭メッセージ
◆「次の飛躍を目指して」……吉川弘之会長(産総研)
長野市で開かれた第1回横幹連合コンファレンスには200件以上の
論文が集まり、参加者も予想をはるかに上回る盛況であったとの
報告を受け、大変喜ばしく思う。コンファレンスでは「知のダイ
ナミックデザイン」を共通のテーマに、分野も考え方も背景もま
ったく異なる横幹連合傘下の学会が、多くのセッションを行った。
これは、我が国の学術の歴史では画期的なことであり、そこでは
さまざまな形で知の交流が実現したであろう……
---> 続きはこちら http://www.trafst.jp/nl/004/index.html#message

2●活動紹介
◆「第1回横幹連合コンファレンス」参加報告
 ……関口大陸(東大、日本バーチャルリアリティ学会)
 ……高橋正人(東大、日本バーチャルリアリティ学会)
---> 詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/004/report.html

3●参加学会の横顔
今回は、「形の科学会」と「日本社会情報学会」の各学会長に、
それぞれの学会の特色をお聞きしました。

◆形の科学会 ……………会長 本多久夫先生(兵庫大)
形の科学会は、3次元の立体構造を,その断面における測定デー
タから再構築する「ステレオロジー」(生物学,医学や粉体工学
など)と、「形の物理学」、つまり、よく似た形が現れる背後に
は共通する法則があるという認識(数学、物理学、化学、生物学、
地形学、建築学、都市計画など)の2つの研究グループが合流して、
1985年に発足しました……

◆日本社会情報学会 ……会長 遠藤 薫 先生(学習院大)
「社会情報学」とは、(1)「情報」という視点から、社会システム
に関する理論の枠組みを再構築する、(2)新しい情報/コミュニ
ケーション・ネットワークと社会システムの関係を探求する、
という特徴をもった、新たな学際的学問領域です……
---> 続きはこちら http://www.trafst.jp/nl/004/profile.html

4●イベントのご案内
◆第9回横幹技術フォーラム開催案内
テーマ:「リスク環境下での事業意志決定技術」開催案内
日 時:2006年2月3日(金)13:30〜17:20(予定)
会 場:日本教育会館7階
※オンライン事前参加登録を受付中です!
---> 詳細・参加申込みはこちら http://www.trafst.jp/forum

5●これまでのイベント記録
---> 詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/004/event.html



■本件にかかわる問い合わせ先:
横幹連合 事務局
email:office@trafst.jp  tel&fax:03-3814-4130
ホームページ:http://www.trafst.jp/


「応用統計学会トップ」へ