日本リモートセンシング学会学術講演会のご案内


日本リモートセンシング学会学術講演会が平成18年11月30日(木)〜12月1日(金)に沖縄県で開催されます.その学会で,応用統計学会との共同セッションが組まれておりますので,お知らせ致します.
詳細は,次の日本リモートセンシング学会のホームページをご覧下さい:

http://www.rssj.or.jp/gakujyutukouenkai/41th/RSSJ41_index.htm

なお,応用統計学会との共同セッションは以下のようになっています.

【日時】11月30日(木)14:40 -- 16:10
【会場】A会場【講演時間】15分(発表10分、質疑応答5分)



A-11 高分解能ポラリメトリックSAR画像のK−分布の統計解析と森林バイオマス計測への応用
○大内和夫(防衛大)・王 海鵬(復旦大,中国)・渡辺 学・島田政信(JAXA)

A-12 風向・風速・波高データの統計解析
○清水邦夫(慶應義塾大)・甫喜本司(東京大)

A-13 遠隔計測における不確かさと衛星画像を用いた土地被覆分類
○飯倉善和(弘大)

A-14 統計的学習理論にもとづく教師有り画像分類
○西井龍映(九州大)

A-15 建築分野におけるリモートセンシング技術の応用と統計処理
○高木直樹(信州大)・小松義典(名古屋工業大)・天野雄一朗(四国電力(株))・梅干野晁(東工大)

A-16 東京湾データの解析と識別問題のベイズ解法
○柏木宣久(統計数理研究所)・安藤晴夫(東京都環境科学研究所)・ 二宮勝幸(横浜市環境科学研究所)・小倉久子・飯村 晃(千葉県環研究センター)



「応用統計学会トップ」へ