「食品の安全性科学と統計科学」に関する
ワークショップ

■「食品の安全性科学と統計科学」に関するワークショップ

下記のような「食品の安全性科学と統計科学」に関するワークショップを企画しました。

牛肉の生食に関するリスクの制御にあたり、生食肉の規格基準において統計科学的手法の導入が議論を巻き起こしました。しかし、その理論は未完成でもあり、また関係者への理解も十分とは言えません。このワークショップでは食品の安全性科学と統計科学の専門家の知識を有機的に凝集することを目的として開催するものです。多くの方のご参加を心よりお待ちしております。 会場の収容人員が約90名と手狭なため、事前登録制にさせていただきます。ご参加を希望される方は事前に大西( ohnishi@en.kyushu-u.ac.jp )までメールいただければ幸いです。

日時: 2012年1月17日(火) 10:00〜17:30
場所: 筑波大学 東京キャンパス大塚校舎 1階120教室
アクセス: 東京メトロ 丸の内線 茗荷谷駅 下車 徒歩5分程度
           http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html
参加費: 1,000円
共催: 応用統計学会・統計数理研究所リスク解析戦略研究センター

プログラム
10:00--10:10 イントロダクション
10:10--10:50 講演1 春日 文子 先生(国立医薬品食品衛生研究所) 
                     「生食肉の規格基準の導入に向けて」  
                       〜厚生労働省における生食肉の規格基準の審議において参考人として提案した考え方〜
11:00--11:40 講演2 加藤 洋一 先生(統計数理研究所) 
                     「抜き取り検査の設計」

11:50--13:00 休憩

13:00--13:40 講演3 澤田 美樹子 先生(日立東日本ソリューションズ) 
                    「確率論的リスク評価におけるモンテカルロシミュレーションツールの活用」
13:50--14:30 講演4 長谷川 専 先生(三菱総合研究所) 
                    「鶏肉によるカンピロバクター感染のリスク評価モデルについて」
14:40--15:20 講演5 松下 知己 先生(三菱総合研究所) 
                    「牛肉による腸管出血性大腸菌感染のリスク評価モデルについて」

15:30--15:50 休憩

15:50--16:30 講演6 鈴木 知道 先生(東京理科大学) 
                     「質的データの不確実性評価」
16:40--17:20 講演7 椿 広計 先生(統計数理研究所)  
                     「安全基準と安全係数問題」


「応用統計学会トップ」へ