理事会からのお知らせ


2005年度 応用統計学会 定例総会議事録


表記の総会が,2005年5月19日(木)午後5時15分より慶応義塾大学矢上キャンパス創想館にて開催され,下記の議案が承認された.

I. 2004年度事業報告 (2004.4.1〜2005.3.31)

  1. 概況
    2004年度は,清水邦夫会長,水田正弘副会長をはじめとする14名の理事,ならびに鎌倉稔成,広津千尋監事の体制で活動した.

    財務状況については,会費の納入も順調で,一方事業関係も予定通り実施された結果,例年並みであった.

    会員数は2005年3月31日現在,正会員618名,学生会員21名,賛助会員5社,機関・団体購読は58件である(昨年度,正626,学20,賛4,機・団66).

  2. 機関誌編集
    Vol.33のNo.1,2,3を発行した.Vol.33の掲載原稿は,研究論文12件等で,総計298頁(昨年174頁)である.

  3. 統計関連学会連合大会
    2004年9月3日(金)〜6日(月)に,日本計量生物学会・日本統計学会・応用統計学会の合同年次大会を富士大学(花巻市)で開催した.企画セッション(16セッション),一般セッション(39セッション),コンペティション(21件),チュートリアルセミナー,シンポジウム,市民講演が行われた.大会参加者は657名(3学会会員441名,学生130名,非会員86名)であった.また,チュートリアルセミナー(参加者133名),シンポジウムが行われた(昨年度は大会参加者が738名,チュートリアルセミナー参加者が227名).

  4. シンポジウム
    第26回シンポジウムを2004年5月28日(金),久留米大学医学部で開催した.テーマは「環境と統計」で,特別講演2件,一般講演8件の発表があった.参加者は80名(正会員(含協賛学会員)53名,非会員13名,学生会員14名)であった(昨年度の参加者は100名).

  5. 評議員会
    2004年5月28日(金)に定例評議員会を開催し,総会に付議する事項等について審議した.

  6. 理事会
    2004年9月3日(金),2005年4月23日(土)の計2回開催し,学会の運営に関する事項について審議した.また,電子メールによる議論を適宜行い,まとめを学会誌およびホームページに掲載した.

  7. 統計関連学会との協調について
    以下の各委員会に当学会よりそれぞれの委員会の担当理事が出席した.
    統計関連学会連絡委員会(2004年9月6日,10月9日)
    統計関連学会連合理事会(2005年2月4日,3月24日)
    統計関連学会連合Web管理委員会(2005年2月1日,2005年2月15日)
    2004年度統計関連学会実行委員会(2004年7月31日)
    2004年度統計関連学会事務局(2004年8月25日)
    2005年度統計関連学会連合大会企画委員会(2004年11月20日,2005年3月5日)
    2005年度統計関連学会連合大会運営委員会(2005年3月24日)
    2005年度統計関連学会連合大会Web委員会(2005年2月10日)

  8. ホームページの充実
     ホームページを常に更新し,学会員への情報公開を円滑に行った.また,「応用統計学」のバックナンバーのうち,著作権をクリアーしたものについてはWEBでの公開を行った.

  9. その他
    以下のシンポジウムを後援または協賛した.
    (a) Satellite Meeting of STATPHYS 22"Statistical Physics of Disordered Systems and Its Applications"(2004年7月12日〜15日)
    (b) ISMシンポジウム「環境科学と統計科学の新たな融合」(2004年9月15日)
    (c) システマティック・レビューとメタ・アナリシス(2005年2月25日)

     その他の事業についてはWEBにて公開していますので,そちらを参照下さい.

以上

II. 2004年度会計報告 (2004.4.1〜2005.3.31)

<別掲> 

III. 2005年度事業計画 (2005.4.1〜2006.3.31)

  1. 機関誌の発行
    「応用統計学」Vol.34を発行する.

  2. 統計学関連学会連合大会
    2005年度統計関連学会連合大会を2005年9月12日(月)〜15日(木)に広島プリンスホテルにて開催する.日本統計学会・応用統計学会・日本計量生物学会が主催し,日本分類学会・日本行動計量学会・日本計算機統計学会が協賛する.

  3. シンポジウム
    第27回シンポジウムを2005年5月19日(木)に慶應義塾大学理工学部 矢上キャンパスにて開催する.

  4. チュートリアルセミナー
     2005年5月20日(金)に慶應義塾大学理工学部 矢上キャンパスにて開催する.

  5. 必要に応じてその他の研究集会を開催する.

  6. 統計関連学会との協調を促進する.

  7. 会員増強に努める.

  8. ホームページの充実をはかり,学会員への情報公開を円滑に行う.

  9. その他
    以下のシンポジウムを後援または協賛する.
     (a) システム制御情報チュートリアル講座2005(2005年6月7日)
     (b) 日独分類会議(2005年9月1日〜3日)

IV. 2005年度予算案 (2005.4.1〜2006.3.31)

<別掲> 

后ヅ計関連学会連合について

 清水会長より統計関連学会連合の動向について説明があった. 2006年度連合大会に参加することを確認した.

此ケ用統計学会賞について

 水田副会長より原案について説明があり,各賞を設置することが評議員会において承認されたこと,および,名称については理事会で再検討の上,決定することが示された.

察イ修梁

横断型基幹科学技術研究団体連合のNPO法人化等の動向について,代議員の椿氏より説明があった.


「応用統計学会トップ」へ