第3回横幹連合総合シンポジウム

■第3回横幹連合総合シンポジウム

横幹連合では、コンファレンスと総合シンポジウムを隔年で開催しています。
今年は、「第3回横幹連合総合シンポジウム」を開催いたします。
総合シンポジウムはオーガナイズドセッションを中心として構成され、下記の内容を計画しています。
詳細は逐次ホームページで公開して参ります。

日 程:平成22年9月5日(日)〜6日(月)
場 所:早稲田大学早稲田キャンパス(新宿区西早稲田1-6-1)
メインテーマ:『横幹技術の役割の新局面』
実行委員会:委員長 田村 義保(統数研) 

大会ホームページ: http://www.trafst.jp/symposium2010/index.html

プログラム

<第1日目(9月5日(日))のプログラム>
会場:早稲田大学 井深ホール13:00−16:00
パネル討論 「科学技術・イノベーション政策のあるべき姿」 
13:00-13:10  開催挨拶
      御園生 誠(日本工学アカデミー副会長)
             木村 英紀(横幹連合会長)
13:10-16:00  パネル討論
パネリスト:吉川弘之(JST 研究開発戦略センター センター長) 
       中鉢良治(ソニー株式会社 副会長)
       安西祐一郎(慶應義塾 学事顧問 慶應義塾大学 教授)
       黒田玲子(東京大学 教授)   他
 司会:   有本 建男(JST 社会技術研究開発センター センター長)
【セッション概要】
我が国の科学技術・イノベーション政策は、第4期科学技術基本計画の策定や新成長戦略を含め、
極めて重要な政策課題となっている。科学技術を如何にイノベーション政策に結合し、
新たな社会価値の実現を図るべきか、政策実現の方法、産学官の一体となった推進や連携方法、
推進する人材教育や育成方法等国際的な観点を踏まえて各界の代表的な有識者が「あるべき姿」を
会場の参加者を交えて討議する。

<第2日目(9月6日(月))のプログラム(オーガナイズド・セッション)>
会場:早稲田大学早稲田キャンパス7号館

テーマA  横幹人材養成(統計関連学会連合との共催)
テーマB  サービス科学
テーマC  パーティクルフィルタ
テーマD  知の統合:制御システムにおけるモデルベース設計・開発
テーマE  行動経済学のフロンティア
テーマF  経営高度化の最前線
テーマG    環境配慮型社会とリアルオプション

詳しくはhttp://www.trafst.jp/symposium2010/index.html
よろしくおねがい申し上げます。


「応用統計学会トップ」へ